スポンサードリンク
  

「電力の小売全面自由化」と「新電力」


2016年4月1日から「電力の小売全面自由化」が実施されました。これは我が国の「電気事業制度」における歴史的な大改革といえます。

これまでは、法規制により「各地域の大手電力会社10社」に「発電」と「送配電」と「販売」の独占権が与えられていて、一般家庭は電力会社を選ぶことはできませんでした。

これからは、この「電力の小売全面自由化」により、一般家庭は「既存の電力会社」以外に「新電力会社」からも選ぶことができるようになりました。
各「新電力会社」毎に電気料金やサービス内容が異なりますので、ライフスタイルや価値観に合わせて各自が好みの「新電力会社」を自由に選ぶことができます。
この「電力の小売全面自由化」は突然持ち上がった制度改革ではなく、長年の懸案事項でさまざまな議論、検討を重ねてきました。
いわゆる規制緩和の一環として、電力事業の発送電分離自由化の動きの中で20年以上かかってやっと実現しました。

そのいきさつを簡単にまとめますと、

1993年
当時の総務省において提言された「エネルギーに関する規制緩和の提言」によって電力自由化の議論が正式にスタートしました。

1994年
この年までは、電力の「発電」「送電/配電」「小売り(供給/販売)」は一貫して大手電力会社10社が独占していました。

1995年
発電事業が緩和され、発電だけを行い、大手電力会社10社(一般電気事業者)に電力の卸販売が行える「独立系発電事業者」(IPP=Independent Power Producerとも呼ばれます。)が誕生しました。

2000年
最初の小売自由化始まる。対象は「特別高圧」区分【契約電力2,000kw以上】の大規模工場やデパート、オフィスビルで、電力会社を自由に選ぶことができるようになりました。
また、「特定規模電気事業者」(PPS)の【新電力】が誕生し、新規参入した電力会社「新電力」からも電気を購入することが可能になりました。

2004年
小売自由化の対象が「高圧」区分【契約電力50kw】の中小規模工場や中小ビルへと徐々に拡大していきました。

2016年
4月に小売の完全自由化。「低圧」区分の家庭や商店などにおいても電力会社が選べるようになりました。

以上が「電力の小売完全自由化」までの経緯ですが、

一般電気事業者」、「独立系発電事業者」、「特定規模電気事業者」について簡単に説明しておきます。

一般電気事業者」とは、
既存の電力会社で、各地域の大手電力会社10社のことで、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、 関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力を指します。

独立系発電事業者」とは、
(IPP=Independent Power Producer)とも呼ばれ、発電から小売りまでを行う既存の電力会社とは異なり、自ら保有する発電所の電力を既存の電力会社に向けて卸し売りしている企業を指します。
例えば、石油の製油メーカーや製鉄所を持つ大規模工業会社が、自社で保有している発電施設の有効活用法として手がけるケースです。

特定規模電気事業者」とは、
これが今注目されている「新電力」です。(PPS=Power Producer and Supplier)とも呼ばれます。
資源エネルギー庁によると「特定規模電気事業者」とは、「一般電気事業者」が所有する電線路を通じて電力供給を行う事業者(いわゆる小売自由化部門への新規参入者(PPS)」 となっていましたが、経済産業省は「PPS」という名称はわかりにくいという事で、「PPS」という名称を「新電力」に名称変更する事を発表しました。
新電力会社は「小売電気事業者」の登録があれば、一般家庭や商店などと契約電力の大きさにかかわらず、自由に電力契約を取り交わす事ができます。

このように「電力の小売全面自由化」が実施されることになりましたが、電気の小売事業への参入者が増えることで競争が活性化し、様々な料金メニュー・サービスの質が向上することが期待されます。
例えば、電気とガス、電気と携帯電話などの組み合わせによるセット割引サービスや、ポイントサービス、家庭の省エネ診断サービスなどの登場が期待されます。
自分のライフスタイルに合わせて、時間帯別の電気料金など、多様な料金メニューの中からプランを選ぶことができるようになります。
環境問題に関心のある人は、太陽光、風力、水力、地熱などの再生可能エネルギーを中心に電気を供給する事業者から電気を買うことも可能となります。
住まいのエリア外で発電された電気の購入も可能となります。都会に住んでいても、ふるさとで発電した電気を選べることもできます。
住まいのエリア内の自治体が運営する事業者から電気を買うなど、電気の地産地消も可能になります。
さらに大きな魅力の一つとして、太陽光発電の「買い取り価格」を既存の電力会社より高額に設定している事業者もあるということです。
このように様々な事業者が電気の小売市場に参入してくることで、競争原理が働き電気料金が安くなることはもちろん、多彩な特色のある電力会社の選択が可能になります。
消費者にとっては喜ばしい限りです。

2016年9月27日現在、「小売電気事業者」は348事業者になっています。
(登録小売電気事業者一覧):経済産業省.資源エネルギー庁

この348事業者がいわゆる「新電力会社」で、全国のどこの家庭でも、この中から好きな会社を自由に選ぶことができます。
マンションや集合住宅の家庭でも基本的には自由に選択できますが、マンションごとの規則が優先しますので、管理者に相談されるとよいでしょう。
切り替えの手続きは新電力会社の方で全て行ってくれますので難しくはないでしょう。
現在のところ348事業者ですが、今後もっと増えると予想されます。

自分の価値観やライフスタイルに合った事業者を選ぶには、よく調査することが必要だと思います。




posted by ソーラーパネル at | 新電力について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク
   



レンタルサーバーって何
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。